アルミ製イカ用トロ箱

アルミ製イカ用トロ箱のご予約ご注文、お問い合わせについて

ご購入は、弊社直販(通信販売、ダイレクトショップ)のみの対応となります。

釣具店様でのご購入は出来ませんので、ご了承ください。

◆在庫状況◆ 〇=在庫あり、△=残りわずか、×=在庫無し
トロ箱Sサイズ ×(8月生産上がり予定)
トロ箱Mサイズ ×(8月生産上がり予定)
トロ箱Lサイズ ×(8月生産上がり予定)
マルチプレートSサイズ用 ×(8月生産上がり予定)
マルチプレートMサイズ用 △(残りわずか)
マルチプレートLサイズ用 ×(8月生産上がり予定)

ご予約ご注文、お問い合わせは【お問い合わせ窓】よりお願いいたします。

アルミ製イカ用トロ箱

アルミ製 イカ用トロ箱

釣ったイカの鮮度を保ったまま持ち帰り、おいしく食べてもらいたい。

そんな思いから開発がスタートした、クーラーBOX内部に入れるトロ箱。

釣れる時は100ハイを超える釣果の船イカ釣りにおいて 全てのイカを鮮度を保ったまま持って帰ることは今まで 非常に難しく、木材で手作りするトロ箱が一般的だった。

ただ木製の場合、臭いや衛生面の問題、墨汚れ、2段3段と重ねた際 冷気が全体にいきわたらず、上段のトロ箱に入ったイカは 鮮度低下が進みやすかった。

企画、開発がスタートして様々な素材で 試作→テスト を繰り返し ようやくたどり着いた素材が「アルミ」であった。

なぜ「アルミ」なのか

なぜ、アルミ製か?

木製のトロ箱の欠点は、上記で書いたように 「臭い」「衛生面」「墨汚れ」「保冷」それから「耐久性」。

素材にアルミを使用することで、これらの欠点は全て解消された。

当然アルミは金属であり、臭い移りし難い素材。

また、墨が素材に染みこみにくいので、墨汚れも食器を洗うのと同様 スポンジに中性食器洗剤を付け、洗えばサッと落ちる。

木製の場合、徐々に腐食していくが、アルミの場合 塩分、汚れさえしっかり落としておけば、半永久的に使える。 そしてアルミの最大の利点は「熱伝導率の高さ」。

熱伝導率の高さ

アルミ最大の利点は熱伝導率の高さ

様々な素材でトロ箱の開発を進めていく中で「保冷」の為に 冷気が全体に行き渡る様な穴開き形状が絶対条件と考えていた。

しかしその場合、クーラー下部にバラ氷を敷き詰めていても 1段目のトロ箱に、ある程度のイカを入れていると 2段目、3段目には冷気が行き渡り難いことがわかってきた。

そんな中で注目したのが、アルミの熱伝導率の高さ。 「アルミの熱伝導率は236(単位: W/m・K)」 開発段階で、試した素材の熱伝導率は下記の通り。

「木材 0.15~0.25」「ステンレスは、16.7~20.9」 「アクリル 0.17~0.25」「プラスティック 0.1~0.5」 アルミが、ずば抜けて熱伝導率が高いことが分かる。

また、細菌が繁殖し辛いと言われており、食品の間接的な接触のある 飲み物の缶、鍋、食器、給食用品もアルミ製のものが多い。

上記理由により「冷気で冷やすのではなく、トロ箱自体で冷やす」 ことが、最終的な素材、形状の決定につながった。

耐久性

耐久性

トロ箱の素材にアルミを使う上で考えなければいけないことが、海水の付着である。 アルカリ性の海水がついた状態が続けば、純度の高いアルミは腐食し最終的には穴があいてしまう。 そこで、塩分に強く耐久性にすぐれた「アルミ合金A5052」を素材に採用し 表面には、「アルマイト処理」を施している。 「アルミ合金A5052」を素材に採用し「アルマイト処理」を施すことによって酸性、アルカリ性に強くなり 純アルミと比較して、強度と耐久性が得られる。また純度の高いアルミの場合、素材が安価ではあるが 船や車での移動中の揺れにより、トロ箱同士が擦れあいアルミが削れ、その屑がイカへ付着する 恐れもあるため、そういった擦れにも強いアルミ合金A5052を採用している。

隙間に塩分が入り込むおそれのある、四方の止め具は全て「溶接」で止めている。 アルミ素材への溶接は非常に難しい技術であるが、末永くご使用頂きたいという思いから 耐久性向上の為、溶接を施している。

安全性を第一に考える

安全性を第一に考える

生食するイカを乗せ、持ち運びをすることから、 安全性、衛生面は第一に考えなければならない。

食品衛生法第16条により「有害な物質が含まれ、 人の健康を損なうおそれがある器具・容器包装を 製造、若しくは輸入し、又は営業上使用してはならない」とされている。 食品に直接接触する器具・容器包装は、国内外で厳しい法律の規制を受けるので、 適切な衛生試験による品質管理が必要になる。

当然、このトロ箱も食品を乗せる器具・容器と考えるべきであり、 キーストンでは、日本国内で管理された工場で生産を行い 厚生労働省認可の検査機関で食品衛生法適合検査を受けている。

昨今、食の安全に対する意識が高まっていることもあり、 今後も安全で、安心してトロ箱をご使用していただけるよう、 品質管理と衛生面を心掛け生産してまいります。

食品衛生法適合検査の重要性

食品衛生法適合検査の重要性

上記で書いたように、厚生労働省認可の検査機関で食品衛生法に適合する製品かどうか、 検査を受けている。これは、年々リサイクルアルミや海外製など、安価ながらリスクの高い製品が出回るケースが多くなってきており、 適切な品質衛生管理が重要となってきているからである。

 上記理由により、日本国内で使用されているアルミ製の食品運搬容器包装は、「アルミ合金」+「アルマイト処理」+「食品衛生法適合検査合格」が必須となっている。  こういったことを考慮し、キーストンのアルミ製イカ用トロ箱は作られている。

アルミの切断面

アルミの切断面

アルミ製で、こういった商品を製造する場合、切断面が非常に鋭利となる。 いわゆる切断面の「バリ」であるが、これをまったく処理しなければ 非常に危険である。 また、バリが剥がれ落ちると、イカにアルミ片が付着することになる。その為キーストンの アルミ製イカ用トロ箱は、バリ処理を「非常に重要な工程」と考え、他の成型工程でかかる時間以上にバリ処理に時間をかけている。

生食するイカを乗せる容器であるため、食品衛生法に適合することは上記で書いた通りであるが 釣りの最中、帰宅後の洗浄、保管の際にもけがすることのないよう、アルミの切断面の安全性も 考えている。

様々なイカに対応

様々なイカに対応

船イカ釣りのメインターゲットであるケンサキイカ(マイカ)は もちろん アオリイカ、ヤリイカ、コウイカと様々なイカに対応。

内寸の高さを最終的に50mmに調整しているが これは大型のアオリイカ2kg級でも対応出来る高さである。

※ソデイカ(タルイカ)は高さ、強度の面で対応不可

またイカだけではなく、アジやサバ等の魚も綺麗に並べて 重なることなく持ち帰ることが出来る。

血抜き、神経絞め後にトロ箱に並べた状態で、上から 海水を掛けて血や汚れを落とし、クーラーBOXへ収納。 様々なイカに対応し、魚にも使用可能。

ご使用方法と、ご注意事項

(1)クーラー下部にバラ氷を敷き詰る

(2)その上にアルミ製トロ箱1~3段入れイカを並べる

(3)氷の解けた水が、トロ箱内に侵入しないよう定期的な排水をする


  • アルミは、湿気、油気、酸気、塩分に弱いため、使用後は食器用中性洗剤で洗浄してください。
  • また、表面は傷がつきやすいため、柔らかいスポンジ等で洗浄してください。
  • 尚、水分はシミの 原因となるため洗浄後は柔らかい布等で乾拭きしてください。
  • アルミ製トロ箱は鮮度の保持を保証するものではありません。
  • 生ものの鮮度は気温や湿度等の状況によって変異します。
  • 鮮度の保持は、常に氷等の冷却を行い、各自で努めてください。
  • アルミ製トロ箱は非常に頑丈に設計しておりますが、
  • 落とす、ぶつける、重いモノを乗せる等 の強度の負荷、衝撃を与えると破損する恐れがあります。
  • 保管は直射日光の当たらない湿気の少ない場所で、他の金属製品と直接当たらないようにして 保管してください。
  • クーラーボックス内で過度に揺れるとクーラーボックスの破損の原因となります。
  • 使用の際はクーラーボックス内で滑らないようにしてご使用ください。

ご購入前に必ずご確認ください

  • 製造工程上、どうしても避けられない機械との擦れ傷や溶接シミが ございます。
  • 使用上は、全く問題御座いません。
  • ご了承の上、お買い求めください。
  • クーラーBOX内部で、トロ箱が激しく動きますと クーラー内部の破損、傷の原因となります。
  • 船上や輸送中は、なるべくトロ箱が動かないように ペットボトルやタオル等で隙間を埋めてご対応ください。

Sサイズ詳細、対応クーラー 一覧

Sサイズ

サイズ:縦 230mm×横 510mm×高さ 55mm

重量:860g(1段の重量) 価格:¥7,850(税込¥8,478)


Sサイズ 対応クーラー

  • シマノ スペーザリミテッド35L(内寸:260mm×600mm×230mm)
  • シマノ スペーザシリーズ35L(内寸:262mm×604mm×220mm)
  • ダイワ プロバイザートランク35L(内寸:240mm×550mm×250mm)
  • ダイワ NSトランク大将35L(内寸:240mm×520mm×240mm)
  • ダイワ NSトランク大将43L(内寸:240mm×660mm×240mm)
  • igloo マックスコールド50QT(内寸:265mm×520×290mm)
  • igloo マリンウルトラ54QT(内寸:300mm×565mm×290mm)

※ iglooクーラー54QTに関しましては、Mサイズ3段使用可能ですが、内部水栓部への干渉、上蓋止め具部へのわずかな干渉がある為、Sサイズをオススメ致します

Mサイズ詳細、対応クーラー 一覧

Mサイズ

サイズ:縦 280mm×横 550mm×高さ 55mm

重量:1040g(1段の重量) 価格:¥8,150(税込¥8,802)


Mサイズ 対応クーラー

Lサイズ詳細、対応クーラー 一覧

Lサイズ

サイズ:縦 280mm×横 710mm×高さ 55mm

重量:1280g(1段の重量) 価格:\9,050(税込¥9,774)


Lサイズ 対応クーラー

マルチプレート

マルチプレート

Sサイズ用:(重量:600g)価格:税別¥5,200(税込¥5,616)

Mサイズ用:(重量:760g)価格:税別¥5,700(税込¥6,156)

Lサイズ用:(重量:1000g)価格:税別¥6,200(税込¥6,696)


アルミ製イカ用トロ箱各サイズに合わせた、マルチプレート。

「フタ」「底上げ」2つの役割を果たす。 フタとして使用することで、冷気が逃げにくくなり、より効率的にイカの保冷が出来る。 また、マルチプレートの上に食べ物、飲み物、保冷材等おけるようになる。

マルチプレートをトロ箱の一番下にセットすると、底上げとして使用できる。 氷が溶けた水の逆流を防ぎ、イカたっぷりのトロ箱の重量は相当な重さになるが、その圧による氷の溶けも抑制できる。



TEL:0955-41-1080 FAX:0955-41-1077

〒844-0002 佐賀県西松浦郡有田町中樽2丁目27番6号

Copyright(C)2010-2016 Keystone Inc. All rights reserved.