2012年5月7日 長崎県平戸 エギング釣行

撫でるとよく釣れる?御影石モンローエギ

いよいよ北部九州も、エギングシーズン到来ということで
GWには、良型のアオリの釣果も各地で上がり2kgオーバー、3kgオーバー
の話もちらほら・・・GWが終わった翌日、7日の夕方からエギング釣行
の予定だったので、キーストン展示場にある、なでるとよく釣れる?と噂
御影石で出来た、モンローエギ(11kg)をなでなで・・・
大漁&大型GETを祈願し、いざ出発。
まず向かったのは、平戸大橋からほど近い、漁港。
2時間ほど攻めるが、気配がない(釣りきれない?笑)の為、移動。
次に向かったのは、回遊にうまくあたればチャンスあり?のポイントへ。

今季初アオリが2.5キロ

到着すると、案の定釣り人もいなく、墨跡もなし。
防波堤先端からスタートするも、同行の大串さんにケンサキイカが1ハイ
HITしただけで、アオリの気配はなし。
満潮から下げ始めるタイミングで、防波堤の付け根のドシャローエリア
水深1~2mに移動。エギは、エギシャープ3.5号V0、人気の赤侍カラー
マーブルピンクグロー赤侍レッド。数投目。
沖のかけあがり付近で、「モゾっ」という違和感があり、合わせてみると
HIT。かなりの重量感だったため、2kgクラスは間違いなさそう。
上がってきたのは、2.5kgの大型アオリイカ

エギよりも太い足

今季初のアオリイカが2.5kgとは、御影石のモンローエギをなでた
おかげなのか。数年ぶりの2kgオーバーであったこともあり
2kgオーバーの、見た目の迫力に圧倒されながらも、3kgオーバーは
どれだけ大きいのか、さらには4kgとなればと考えると、夢は膨らむばかり。
今回HITしたのは、水深1~2mの、ドシャローエリア
今までは、投げもしないエリアだったが、沖縄のエギングを昨年知り
リーフエリア(珊瑚礁エリア)の浅い場所にもアオリイカは入って来る
ということを学び、今回投げようと思ったきっかけでした。
もちろんこの水深で対応できる、V0(超デットスローフォール)のエギ
だからこそ攻められる場所、釣果だったのは間違いありません。

エギ大分プラプラ4.5号にHITしたケンサキイカ

その後、場所移動し、今日は他にも大型が接岸している可能性が高いなと考え
エギ大分プラプラ4.5号、メタリカルレッドピンクに変更し再スタート。
着底からの連続ダートで誘っていると、エギと同サイズのケンサキHIT
まさか、4.5号のエギに、同サイズのケンサキイカがHITするとは・・・
エギ大分プラプラ4.5号ですが、重さは30g前後ありますが
ダイナミックなダート&フォールで以前から、デカイカ狙いに使われている
方も多く、「操作しやすい大型エギ」というイメージです。
その後も、しばらくシャクリ続けますが、反応なし。下げの流れが強く
なってきたこともあり、仮眠することに。

同行の大串さんにHITしたのは、900gのアオリイカ

夜が明け、朝食を軽くとってから、エギング再開。
しばらくすると、同行の大串さんに900g前後のアオリイカHIT。
HITエギは、エギシャープ3.5号V2 マーブルピンクグロー赤侍レッド
着底後、連続ダート後のテンションフォールでHITしたとのこと。
この日は、様々なカラーを試したが、アオリイカがHITしたのは
赤侍カラーの、マーブル。信頼できるカラーであることは間違いないと思います。
その後は、反応がなく終了。結果、アオリイカ2ハイ、ケンサキイカ2ハイ
今回の釣行で感じたのが、シャローエリアでのエギングの可能性。
今まで、見向きもしなかったシャローエリアで今回釣れたこともあり
今後のエギングスタイルが、変わるだろうと思います。
皆さんも、見逃している場所、特にシャローエリアは要チェックです。


written by kuboken






当サイト(キーストン オフィシャルサイト)は、常時SSL化されており、サイト内のセキュリティを強化しております。 これにより、より安全に閲覧して頂くことが可能となっております。


TEL:0955-41-1080 FAX:0955-41-1077

〒844-0002 佐賀県西松浦郡有田町中樽2丁目27番6号

Copyright(C)2000-2021 Keystone Inc. All rights reserved.