釣行レポート
2012年3月24日平戸生月にて餌巻きエギングで狙う、ケンサキ&スルメイカ

2012年3月24日平戸生月にて餌巻きエギングで狙う、ケンサキ&スルメイカ

  3月24日夜、キーストンスタッフ2名で、平戸生月へ、ケンサキ&スルメ狙いで
  行ってきました。当日は、風速15mを超える強風の中だったため
  釣りにならず、あきらめて帰られる釣り人が多い中、早福型/邪道編V3を中心に
  何とか、釣果を出すことができました。

  今回、早福型/邪道編に乗せたエサは、塩漬けしたキビナゴです。
  新鮮なキビナゴを、「4点止めタッパー」「大量の塩」を入れ「冷蔵保存」する事で
  で十分に、長期間保存がききます。「冷凍」保存をすると、水分が飛んでしまいますので
  「冷蔵」保存が、オススメです。(魚の切り身、鳥のササミでもOK)
  ※油分の多い、さんまの切り身等は、早福型が油分で汚れてしまい、なかなか汚れが
  落ちませんので、汚したくない場合は、サワラやシイラ等の切り身がいいかと思います。

  この日は、大潮から中潮へ変わる日で、潮が動き始めたら激流になっていた為
  早福型/邪道編3.5号V3が活躍してくれました。水深15m以上のポイントでしたが
  底を取ることができるので、流れに乗って接岸してくる、イカを待ち伏せができるのです。
  潮が緩くなってきたら、3.5号V1が、ゆっくり沈下しフォールでアピールできるので
  おすすめです。V0シリーズは、流れがゆっくりで、水深が5m前後であればV0が
  活躍してくれるでしょう。満潮から下げに入り、しばらくすると複雑な流れになり
  エギではなかなかアタリが取りにくい状況になりましたので、後半は早福型を使った
  「半誘導エサ巻きエギング」に変更。スルメイカを2ハイ追加し、イカの気配を感じなくなった
  ところで、終了としました。この日は、2人でケンサキイカ7ハイ、スルメイカ5ハイ
  コウイカ1ハイ
を、釣ることができました。前回の釣行に比べ、スルメイカが減っている
  感じを受けました。その分、ケンサキイカが増えている印象です。
  今後は、回遊型のアオリイカも釣れるのではと期待しています。

  今回珍しく、コウイカを釣ることができました。
  コウイカはご存知の通り、多くの濃い墨を吐きます。
  墨を吐かないように持って帰り、今回はイカ墨汁作りにチャレンジしました。
  イカ墨汁には、体内の不要物を出して便通を良くしたり、熱を下げたり
  血圧を下げる効能があると言われています。最近の研究では、がん細胞をやっつける
  効果があるとの研究結果も報告されています。
  みなさんも、コウイカやアオリイカが釣れた際は、イカ墨汁作りにチャレンジして
  みてください。ただし、食べ過ぎるとお腹を下す場合がありますのでご注意ください。
  
  ※今回釣り上げたスルメイカの中には、寄生虫のアニサキスが
  付着しているものがいました。火を通すか、一度冷凍すると、寄生虫は死にますので
  問題ありませんが、刺身等、生で食べる場合は、全て取り除かないといけませんので
  生食の場合は十分ご注意ください。


written by kuboken

平戸生月ササイカ、本日の仕掛け 平戸生月ササイカ、本日の仕掛け


当サイト(キーストン オフィシャルサイト)は、常時SSL化されており、サイト内のセキュリティを強化しております。 これにより、より安全に閲覧して頂くことが可能となっております。


TEL:0955-41-1080 FAX:0955-41-1077

〒844-0002 佐賀県西松浦郡有田町中樽2丁目27番6号

Copyright(C)2000-2021 Keystone Inc. All rights reserved.