キーストン商品を使った釣行レポート|平戸NO1イカ釣り漁船に弟子入り|早福型のバランスを学ぶ|

2011年7月11日 平戸NO1イカ釣り漁船に弟子入り。 


 

7月11日、平戸でNO1のイカ釣り漁船といわれている船に弟子入りしてきました。

出船前から、船長より技を学び、こだわりと、研究心をすごく感じました。

 今回は、あくまでも釣行ではなく弟子入り。

漁場にとうちゃくするとすでに20隻ほどのイカ釣り漁船が集結してます。

2~3時間ほど、漁師さんの釣りを観察することに。

とにかく手返しが早く、釣ったイカも一切、手で触れる事無く、イケスに入っていきます。

前日にテストをお願いしていた、早福型のNEWカラー

早福型ホワイトと、同じかそれ以上に釣れるという船長の太鼓判を頂きました!

発売は・・・製造工程が難しいので、確立できれば発売します。

この日は、前日とはちがい非常に厳しい状況のようでした。

あきらめて、周りのイカ釣り漁船は次々と帰港していく中でも

コンスタントに釣り上げていきます。平戸NO1のイカ釣り漁船のプライドを感じました。

しばらく観察した後に、少しだけ竿を出してみました。

10杯程度釣ることは出来ましたが、船長は100杯オーバー。

さすがです。

何が他の漁船と違うのか・・・

それは、とことんバランスにこだわり、常にそのバランスをチェックしていること。

場合によっては、早福型の鉛を若干カットし、ベストなバランスをつくる。

エギングでも重要な、フォールは船からのヤリイカ釣りでも重要でした。

船長が考えるベストなバランスとは、エサを巻いたときに、デットスローで

沈んでいき、45度の角度を維持することが、早福型のベストなバランスだという。

早福型を研究し、使いこなすことで、平戸NO.1の実績をつくっている。

今回の弟子入りで、様々なことを学べましたし、今後の商品開発にも

役に立つ時が来ると思います。

それにしても、テストカラーはよく釣れてたな・・・

written by kuboken




当サイト(キーストン オフィシャルサイト)は、常時SSL化されており、サイト内のセキュリティを強化しております。 これにより、より安全に閲覧して頂くことが可能となっております。


TEL:0955-41-1080 FAX:0955-41-1077

〒844-0002 佐賀県西松浦郡有田町中樽2丁目27番6号

Copyright(C)2000-2021 Keystone Inc. All rights reserved.