エギバイブⅡ egi vib2   

現在、諸事情によりエギバイブⅡの生産をストップさせて頂いております。 大変ご迷惑をおかけいたしますが、再生産までお待ちください。

バイブレーションするエギ

バイブレーションするエギ「エギバイブ」

2002年、キーストンがエギング業界に送り出したエギ。 その名は「エギバイブ」

当時、エギングブームに火がつき始めた頃で、強くシャクって高く 跳ね上げる事が、エギに求められて為、高く跳ね上がらないエギバイブは ユーザーからの反応があまり良くなかった。

現在でも高く跳ね上げ、ダートし広範囲にアピールする事がエギにおける 必須条件となっているが強い波動で、広範囲にアピールするのも 一つのアオリイカへのアピール手段なのではないか。 そんな思いから、再度開発と研究が進んでいったのである。

現在、様々なエギが溢れかえってるエギング市場において、エギバイブのような 強い波動で誘い、他にはないバイブアクションを出せるエギはほとんどない。

再度、アクションやフォール姿勢、形状を一から見直し、開発が進み ようやく納得のいくものが完成したのである。

「一餌木二動」

「一餌木二動」一つのエギで二つの動き

エギの前部についている、「ダートアイ」

上部についている「バイブレーションアイ」

どちらも違ったアクションをする。

名前の通り、ダートアイにつければ、縦への不規則な ダートをし、バイブレーションアイに取り付ければ、バイブアクションをする。

高く跳ね上げ、不規則なダートで誘い、イカの視覚にアピールする「ダートアイ」 岩陰、藻の中に潜んでいる、イカに波動でエギの存在を気付かせ、 広範囲にアピールする「バイブレーションアイ」

「バイブレーションアイ」にセットし、一定のレンジまでフォールさせ、 あとはゆっくりただ巻きするだけで、弱った小魚を演出可能。 まさにマルチなエギ。それが「エギバイブ2」

一般的なエギとは、まったく違う動きと波動で、アオリイカを魅了します。

「旧」と「新」の融合

「旧」と「新」の融合

初代エギバイブ、最大の特徴は2つのアイ

1つのエギで、ダートとバイブレーション、2つの違ったアクションが可能なのである。 その特徴を継承し、更に泳ぎに磨きをかけたのが、「エギバイブ2」である。

さらに強い波動を生み出す為に、従来の外付けシンカーではなく、内臓シンカーが 重要であることがテスト段階でわかり、コブイカエギ等で採用している 発泡ウレタン素材内部へのシンカーのインサート技術を応用した。

その結果、旧エギバイブよりも、さらに強い波動を生み出すことが可能となった。

また、伝統のカラーリング等も継承しながらも、新たな特殊塗装技術を取り入れ 鮮やかな、カラーリングを実現。

それが「旧」と「新」の融合「エギバイブ2」である。

動きが予測不能な「不規則ダート」

動きが予測不能な「不規則ダート」

フロントのダートアイにセットした際、鉛をインサートし、独自の形状から 不規則なダートアクションを演出する。

テスト段階で、この「不規則ダート」が 規則正しいダートをするエギとの使い分けで、効果を感じる場面もあった。

実際のベイトは、規則正しく泳がない。このことから、よりベイトに近いとも言える。

予測不能なダートアクションで、イカを誘い出す。 これがエギバイブ2の、ダートアイにセットした際のアクションである。

※水面下でのダート(ロッドを横向き、下向き)では、ほとんどダートしません。 ロッドを立ててシャクリを入れると、不規則なダートをします。

よりベイトに近い泳ぎを追及

よりベイトに近い泳ぎを追及

バイブレーションアイにセットした際、ただ巻きだけでぶるぶる 震える為、それだけで波動が出て誘いになる。

しかし、通常のエギのフォール姿勢のように、前のめりになると 不自然な泳ぎになってしまう。

ただ巻き時に水平に近い姿勢で一定のレンジ(深さ)をキープすることが、ただ巻き時に求められた。

幾度となく、形状やバランスをテストし、一定のレンジ(深さ)を キープしながら、ただ巻き出来るように設計。

そのため足元ギリギリまで攻めることもできる

まさに、ベイトの泳ぎそのままである。

布の硬化塗装、パール塗装

布の硬化塗装、パール塗装

今回のエギバイブ2は、鉛が内部にインサートされている為、

着底した際に布が直接、海底にあたってしまう。

当然、その状態でシャクリを入れると布が破れてしまう。

そこで開発されたのが、エギの下部の布を特殊コーティング剤で硬化

させることで、こすれ破れに強くなった。

また、ゴールドベースアジ、ブルーベースカツオ、この2色には、

日中に使用した際、海中でギラギラ輝き、よりベイトに近い見え方を実現させる為、

全体にパール塗装を施している。

「波動」を物理学、工学理論から学ぶ

「波動」を物理学、工学理論から学ぶ

今回のエギバイブ2のコンセプトの1つに、「波動」というキーワードがある。 「波動」を物理学、工学理論から考えた時に、イカにエギの存在を気付かせる為に 「波動」が、重要な役割を果たすことがわかる。

物理学、工学から考える波の性質とは、反射、屈折、回折、干渉である。 この特徴を考えると、波動エネルギーは、 屈折と干渉を繰り返し、岩陰や藻の陰に潜むアオリイカにも エギの存在を気付かせる事が可能になるのである。

15世紀初頭に、ニュートンとホイヘンスが、光が粒子であるか 波であるか、の論争をした時、ホイヘンスは、波が小船に向かっていく場合 波は小船の後ろ側にも簡単に回り込んでいることを指摘した。

つまり、波は屈折と干渉を繰り返し船の後ろにも回りこんだのである。 このことから、アオリイカにエギの存在を気付かせる一つの手段として 「波動」が重要な役割を果たすと、キーストンは考えるのである。

アクション方法例

※バイブレーションアイにセットした場合は、水の抵抗が大きい為、強いシャクリは厳禁です。  ブルブル感を感じながら、軽くシャクリあげましょう。

広範囲にアピールする際の攻め方例

バイブレーションアイにセットした際のアクション方法

ただ巻き主体の攻め方例

ただ巻き主体の攻め方例

シャクリ→フォールの繰り返しで、低活性のアオリイカにアピールする攻め方例

シャクリ→フォールの繰り返しで、低活性のアオリイカにアピールする攻め方例
エギバイブ2様々な攻め方

エギバイブ2は、様々な攻め方が可能です。

上記以外にも、シャクリやただ巻き、フォールやステイ等を 組み合わせてオリジナルの攻め方で、お楽しみ下さい。

バイブレーションアイにセットの場合、根掛かりが非常に少ない為 根周りや藻が濃いエリアでも大胆に攻めることができます。

ダートアイにセットした場合は、通常のエギと同様の使い方が可能です。

エギバイブⅡカラーチャート

エギバイブ2#001マーブルベースオレンジ エギバイブ2#002マーブルベースピンク エギバイブ2#003シルバーベースイワシ エギバイブ2#004ゴールドベースアジ エギバイブ2#005ブルーベースカツオ エギバイブ2#006レッドベースFRピンク エギバイブ2#007マーブルベースFRグリーン エギバイブ2#008シルバーベースCMピンク エギバイブ2#009ピンクベースCMピンク エギバイブ2#010シルバーベースイワシ

アクション動画 その1

アクション動画 その2

価格・スペックその他

3.5号 V0   希望小売価格¥1,000(税込¥1,080)

3.8号 V1   希望小売価格¥1,000(税込¥1,080)



当サイト(キーストン オフィシャルサイト)は、常時SSL化されており、サイト内のセキュリティを強化しております。 これにより、より安全に閲覧して頂くことが可能となっております。


TEL:0955-41-1080 FAX:0955-41-1077

〒844-0002 佐賀県西松浦郡有田町中樽2丁目27番6号

Copyright(C)2000-2021 Keystone Inc. All rights reserved.